小切手現金化のしかた

小切手を受け取ってから、現金化するまでの流れをお話します。

【小切手を受け取ったら】
小切手を受け取ったら、下記の順番で現金化しましょう。

☆記載事項のチェック☆
受け取った小切手は、その場で必要事項が記載されているか確認しましょう。

*金額:金額は、チェックライターか漢数字を用いてあるか確認しましょう。
    (一度かいた金額を訂正した場合は無効です。)
    小切手の額面が、予定している入金額と同じことを確認しましょう。
    (もしも違っていた場合は、必ずその理由を質問しましょう。)
    
*振出日:先日付小切手の場合、どうして先日付小切手なのか理由を聞きましょう。
      納得の上で受け取った場合は、その日付よりも前に銀行に取り立てに出さないように気を付けましょう。

*振出人:ゴム印などで記名されている場合は押印がされているか確認しましょう。

☆線引き☆
小切手は便利でうが、紛失、盗難などで誰かが入手してしまったとしても、
その者が金融機関に持ち込んだら換金されてしまう危険があります。
それを防止するために「線引き」という制度があります。


具体的には、小切手の表面の右上の角に2本の平行線を引いておきます。
これにより、窓口に持ち込まれた小切手はその場で換金されず、一度預かってから換金することになります。
盗難防止のためにも、受け取った小切手には必ず線引きするようにしましょう。

☆保管☆
受け取った小切手は、必ず金庫に入れて厳重に保管するようにしてください。

☆金融機関への呈示☆
小切手を受け取ったら、振出日の翌日から10日以内に、支払人である金融機関に呈示する必要があります。
通常は自社で支払金融機関に呈示することはせず、自社の取引金融機関で取立(小切手の現金化)の依頼をします。
通帳、入金票とともに自社の取引金融機関に小切手を持ち込みましょう。

これで、小切手は現金として手元に受け取れます。