手形とは?

「手形」の始まりは、字の書けない人が固い約束を示すために手に墨をつけ、
手の形を押し写して相手に渡したのが始まりと言われています。

手形も、小切手と同じように、発行した人(振出人)が、受取人(正当な所持者)に、
お金の支払いをすることを委託する証券です。
小切手と大きく違うのは、支払期日が決まっていることと、支払う相手が決まっていることです。

【手形の種類】
手形の種類は、「約束手形 」と「為替手形 」の2種類があります。
日本国内で流通している手形のほとんどは、約束手形が使われています。
このことから、一般に「手形」という場合、 約束手形を指します。

☆約束手形☆
約束手形とは、一定の期日に振出が、名宛人に対して、手形に記載した金額を支払うことを約束した証券のことをいいます。

※振出人(支払人):手形を振り出した人を振出人といいます。振出人と支払人は同じ人のことを指します。
※名宛人(受取人):名宛人とは、約束手形を受け取った人です。
   受け取った手形を支払期日以降に現金に換金することができます。 名宛人と受取人は同じ人の事を指します。

約束手形では、振出人と名宛人の2者間での取引になります。

☆為替手形☆
為替手形とは、手形の振り出し人が、第3者である支払い人に対して支払いを委託する形式の手形のことです。
ここでの第3者のことを「指図人」といいます。「振出人」「名宛人」「指図人」の3者間での取引になります。
指図人は、手形を受け取って現金化する立場の人になります。

【約束手形と為替手形の違い】
約束手形の時にも、振出人と名宛人はいましたが、為替手形の時は少し役割が変わってきます。
約束手形と為替手形での、それぞれの役割を見てみましょう。

*振出人の役割
  約束手形の時は、 振出人は手形代金を支払っていましたが、
  為替手形の時は支払義務はありません。
*名宛人の役割
   約束手形の時は、名宛人は手形代金を受け取る側でしたが、
  為替手形では支払う側になります。
*指図人の役割
  為替手形では、手形代金を受け取る側が指図人になっています。