小切手の発行手順

小切手は、発行する人(振出人)が、支払人(金融機関)に受取人(他正当な所持人)に、
支払うことを委託する「支払委託証券」です。発行の手順をみていきましょう。
※小切手を発行することを、「振り出す」と言います。

【小切手を発行する手順】
最初に小切手を発行(振り出す)ためには、まず取引金融機関で、
「当座預金口座」の開設をすることが必要です。

☆取引金融機関の審査☆
最初に、当座預金の口座を開設する金融機関で、
取引金融機関からの信用などを元にした審査が行われます。

☆当座勘定取引契約☆
取引金融機関の審査が通ると、金融期間と当座勘定取引契約を結びます。
その後、金融機関での当座預金口座開設の手続きを経ると、当座預金口座が開設されます。

☆小切手帳の発行を依頼☆
小切手帳は、50枚ほどの小切手が一冊に束ねてあるもので、
当座預金口座を開設した後、取引金融機関に小切手帳の発行を依頼します。
発行には数日かかりますが、手元に小切手帳が届いたら、小切手を発行できる状態になります。

【小切手に書き込む内容】
小切手を発行するには、必要事項を記入して、押印して発行します。
あらかじめ印刷してある事以外で記入が必要なのは、下記の事柄になります。

☆金額☆
金額は漢数字で記入するか、チェックライターを購入して印字します。
手書きの場合は、金額は漢数字で記入します。先頭に「金」、末尾に「円也」と記入します。
チェックライターの場合、先頭に「¥」、末尾に「※」を印字します。

☆振出日☆
振り出した日を記入します。
この部分は、記載されていなくても無効にはなりません。

☆振出人の名前と押印☆
振出人を記載します。当座預金の口座の名義の名前になります。
あらかじめゴム印を作っておくと良いでしょう。
印鑑は銀行届出印を使用します。

☆耳への記入☆
小切手を小切手帳からミシン目のところで切り離す時に、
必要事項を忘れずに、耳に記載しておきましょう。
記入する項目は、振出日、金額、渡し先、摘要です。
※小切手帳側に残る控えの部分を「耳」といいます。

☆訂正☆
金額の訂正はできません。金額を訂正した小切手は無効になります。

【小切手を振り出す時に注意すること】
小切手を振り出す時に注意しなければならない事がいくつかあります。

☆残高確認☆
実際に小切手を振り出す時点で小切手の金額を充分に超える残高が、
その当座預金口座にあることも必ず確認しましょう。

☆押印☆
押印するのは、銀行取引印(届出印)です。
ブレたり、欠けたりしないように鮮明に押印するようにしましょう。
また、耳と小切手本体との間の箇所に割印をすることが慣習となっています。
必ず、割印もしておきましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://datsumeikin.net/mt/mt-tb.cgi/1

コメントする